がん保険は商品ごとの特長をよく見て選ぶべし

がん保険に加入する時は、保険料に注目する人も多いと思います。確かに無理のない負担額に抑えるためには保険料は重視すべき点ですが、がん保険は実に様々な種類の商品があります。商品によって保障内容も様々です。医療保険と同じように主契約部分に注目して決めても良い保険ではありません。医療保険も種類は多いですが、入院、手術に対する給付金がメインである事に変わりはありません。特約でいかようにも手厚くさせることはできますが、基本的にシンプルな保険です。しかしがん保険は違います。がん保険の特長である診断給付金にしても、一度しかでない保険もあれば、何度でも支払われる保険もあります。支払いのタイミングにしても、診断されただけで支払われる商品もあれば、診断後入院して初めて支払われる商品もあります。このように、支払いの条件に違いがあるものが多いので、商品ごとの特長をよく理解した上で選ぶ事をお勧めします。最近は、がん治療が必ずしも入院を必要とされなくなってきており、入院だけでなく通院に対しても給付金が支払われるがん保険が主流になりました。しかし古いがん保険に加入している人は、もしかしたら通院には支払われない契約になっているかもしれません。この機会に見直しをされることをお勧めします。通院に限らず給付金の支払いには診断書が必要です。保険請求用の診断書は記入個所も多く、大抵の病院で3000円〜5000円程度の手数料を取られます。通院給付金を請求するたびにこれだけの手数料がかかることになりますので、請求できる期間や頻度についても確認しておくと良いでしょう。

Copyright 2017 がん保険の色々な種類 All Rights Reserved.