がん保険の商品の選び方

世の2人に1人が、かかり3人に1人が亡くなる病気のがんですが、特に稼ぎ手の場合、癌は、最悪、仕事できなくなってしまい金銭的に困窮します。また貯金も借金したり、身内に負担かけて、最悪治療をあきらめしまう事になってしまいます。そうならないためにも加入しておきたい「がん保険」、会社によって商品に加入制約があったり掛け金や支払われる金額も断然変わってきます。私の叔父も、がん保険に入っていたのですが、あくまでがんによる死亡保障のみというものだったので、肺がんで死亡原因が肺炎と診断されてしまい保険金を受け取ることが出来ませんでした。そういう経験もあり、あまりがん保険には良いイメージも無かったのですが今の商品は、がんの合併症が死亡原因になる場合でも、がんの診断を受けた時点で保険金が支払われるものに変わっています。また、がん以外の死亡の死亡でも50万円の死亡保険金が受け取れるものが多いです。それとは別に医療保険というものもあります、これは病気の種類を特定せずに、怪我の治療も対象になるものです。もちろんこの中にはがんも含まれますが医療保険は休業が即収入減になったり絶対に個室に入る人以外は無くてもいいものです。病状が落ち着いて普通の医療保険に入れるタイミングで加入したらいいと思います。それに対し、がん保険は有効です。がんにならなければ丸ごと損ですが、いざがんになった時保険に入っているのと入っていないのでは治療方針も変わってくる大事なものです。がん保険はいざというとき「無いと困る」保険で、医療保険は「あるに越したことない」程度の保険です。

Copyright 2017 がん保険の色々な種類 All Rights Reserved.