がん保険の商品の必要性について思うこと

がん保険の商品は今や私たちにとって、身近なものとなっていますよね。ネット保険というものが出てきてからは余計だと思います。がんについては最低限の備えが必要だと私は考えています。何故なら一生涯のうち、約2人に1人ががんになると言われているんです。これって結構確率的には高いですよね。実際2人で誰かといたとしたら、どちらかががんになるというくらい可能性が高いものとなっています。誰もがなる可能性があるからこそ、しっかりとした保障が必要だと私は思うんです。またがんの費用も結構高額です。早期のがん患者の方で約225万、進行度の高いがん患者の方ですと約568万のお金が掛かってくると聞いたことがあります。またがん保険の商品特性として、がん診断一時金が100万前後という商品が多いように思います。私的には早期がんの備えのためにも最低診断一時金として300万は備えて欲しいと思います。なぜかと言いますと、がんになった場合にいろんな費用が掛かってきます。そうなった場合、がん入院日額のみでは足りないと思います。がんになった場合にどうしても入院が長引く傾向にあると思うんです。そうなった場合、その間仕事なんて出来ませんし収入減少や途絶と言ったリスクもあります。300万というのはそういった収入減少のリスクにも備えるためにも必要な金額だと思います。がんになった場合、精神的にも経済的にも負担が掛かります。そういった負担をせめて経済面だけは和らげたいですよね。

Copyright 2017 がん保険の色々な種類 All Rights Reserved.